川瀬竹春 花立 陶芸 工芸 茶道具 大田区買取

陶芸家 川瀬竹春の赤地金彩花立を大田区にて買取させていただきました。

小ぶりながら、すっきりとした良い意匠ですね。

川瀬 竹春、陶芸家。本名順一。川瀬竹翁の長男。1949年、京都より父初代川瀬竹春と共に神奈川県大磯三井城山窯に移住。祥瑞染付、赤絵などを継承し、金襴手、豆彩、釉裏紅、染付、黄南京、青白磁、瑠璃金彩を独自の作品を発表しました。平成19年没

工芸品、作家物、など、見積もり無料、秘密厳守で買い取ります。

是非、ご連絡ください。